大人気の法律サービスについて

2018年7月29日

経営力向上計画の要は資金調達にあり

Author: dmvk1udimono.work

経営力とは、経営を健全に行うことができる能力を意味しており、この能力が低下していると従業員の賃金を支払うことができなくなり、結果的に商品や成果物のレベルが下がってしまったり、品質が劣化してしまうなどの問題が発生してしまいます。

このような事態を防ぐためにも、経営力向上計画を実行して適切な資金調達を行う必要があるのです

特に最近では中小企業を中心に、収益として得られたお金を会社のお金として、貯め込むばかりで、従業員の賃金を上昇させないようにしています。

このようなことをしていると、時代の流れに敏感な従業員は、なぜ自分たちの給料は上昇しないのかと言って不満を溜め込むようになるでしょう。

結果的にストライキ等が発生し、働くための気力が削がれてしまい、開発される商品や成果物の品質低下を招いてしまいます。

しかし、適切な給料を支払ったり、残業を減らすことで従業員は離職することはありませんし、成果物の品質も徹底的に管理することができます。

もちろんそれらを実行するためには、収益として得られたお金を正しい使いみちに利用することが重要で、経営者の自己満足で解決するのではなく、従業員の意見に耳を傾けて、社員一丸となって問題や不満の解決に行動を起こす必要があるでしょう。

これからは人手不足の時代なので、社員はお金よりも貴重なものであるという認識を改めて、適切な経営を行わなければならないのです。

従業員を使い捨てにする会社は潰れます。

Comments are closed.