大人気の法律サービスについて

2018年4月19日

交通事故の過失割合とその後の話し合い

Author: dmvk1udimono.work

交通事故には過失割合という考え方が存在します

完璧に被害者と加害者が綺麗に二分する事例もありますが、一方で双方ともわき見運転をしていて、結果的に衝突事故が起きる場合もあり、そういった場合は過失の割合に応じて慰謝料の額が変動します。

双方ともわき見運転をしていたが、片方が更にスマートフォンを見ながら信号無視をしていた場合、そちらの方が過失が大きいと判断され、慰謝料を多く支払う必要が出てきます。

わき見運転はいけない事ですが、明らかな迷惑な運転をする車に衝突された場合、その被害を保険会社によって回復してもらう事は正当な権利です。

ただ海千山千の保険会社のスタッフの中には、支払う慰謝料を何とか減額しようと、被害者の罪悪感に付けこむ話術をする方がいらっしゃいます。

保険会社からハラスメント的な対応を受け続け、なおかつ不当な形で慰謝料の減額を要求されている方は対応策として、名古屋の弁護士を活用しましょう。

名古屋の交通事故解決に強いプロに相談すれば、過失割合に応じた正当な額の慰謝料を受け取れるように上手く対策してくれます。

Comments are closed.